30代から高齢者以降の口腔ケア

30代から40代までの口腔ケア

10代から20代に、ようやく予防歯科が定着し始めた日本において、30代から40代のデンタルケア意識は低いと言わざるを得ないでしょう。

実際、30代から40代になるとオーラルケア意識の低さに由来した、不十分ないし不適切なデンタルケアにより、歯周病の増加傾向が見受けられますし、虫歯の再発も少なからず見られます。

虫歯はともかく、初期症状が乏しいことから、自覚しにくい歯周病は軽視されがちですが、歯周病が悪化し歯肉炎に至ると、歯が抜けることもあるなど、軽視はできません。

そんな、30代から40代までの口腔ケアには、歯磨きと定期検診をベースとした、基本的な口腔ケアに加え、歯茎の衰えを加味し、歯間ブラシやデンタルフロスを使用して、歯茎の衰えが表れやすい歯間をフォローしてください。

50代以降の高齢者向け口腔ケア

50代以降になると、歯茎の老化による歯根の露出、免疫機能の低下に伴う、唾液の分泌量の減少に起因する口腔乾燥など、口腔全体に老化の影響が表れ始めることは、避けようがありません。

その上、日本における50代以降のオーラルケア意識は、予防歯科が定着していなかったこともあって、極めて低いと言わざるを得ず、適切なオーラルケアができていれば、口腔の老化を遅らせることができますが、望み薄の方もおられるでしょう。

50代以降の高齢者向け口腔ケアを行う場合、歯磨きと定期検診をベースとする、基本的な口腔ケアや、歯間ブラシやデンタルフロスによる歯茎のケアだけでなく、露出した歯根を磨くために、ブラシが柔らかい歯ブラシを選び、唾液の分泌量の減少をフッ素が配合された洗口液を使用するなどして、補う必要があります。